-4℃

  • about
  • ask
  • archive
  • rss

  • イエット!
    Next »
    fencehopping:

Having none of your Lion bullshit today.

    fencehopping:

    Having none of your Lion bullshit today.

    (via na-ho)

    ritzmatic:

 4gifs:

Girl kicks abusive teacher in the groin

you fucking go girl

    ritzmatic:

     4gifs:

    Girl kicks abusive teacher in the groin

    you fucking go girl

    (Source: 4gifs, via taku007)

    (Source: misterjakes, via yksk)

    gifcraft:

Mario vs Pacmanhttp://dovga.net/video/5603/pakman-protiv-mario/igri

    (Source: 4GIFs.com, via yksk)

    (Source: shirauni, via triple955i)

    (Source: nixne, via triple955i)

    "当時の学園祭でわざと「開演は1時間遅れます」とアナウンスさせて、騒ぐ学生に向かって「ニセの情報に踊らされるんじゃねぇ!」と颯爽と登場したのは、カッコ良かった。"

    (Source: do4do, via taku007)

    "

    ご皇室の高い格式を象徴していたのがメーンテーブルの席次だった。天皇陛下のお席はエリザベス女王の左隣。女王の右隣はスウェーデン国王で、その横に皇后陛下が座られた。

    国内の報道では「英王室との親しい間柄」や「お2人の旧交」といった解説がなされていた。しかし、それだけでは済まない。天皇陛下が隣席に招かれたことは、世界史的に大きな意味を持つ。
    ▼ウィンザー城にご到着(AFP)

    画像

    恐らく、差別的な曲解や誤解を受けかねない為、既存メディアに登場する解説者は、直言を避けたのだろう。この栄誉ある席に、欧州の王室を差し置く形で、アジアから招待された君主が選ばれたのである。

    それは、20世紀以前のヨーロッパの価値観では有り得ないことだった。われわれ日本人のみならず、全てのアジア人が誇りに思って良い。"
    "1 名前:以下、はてなにかわりまして元増田がお送りします。 投稿日:2011/10/22 21:17:46
    さっきFacebookを見たら、知り合いの女の子が梅田で数人ではしゃいでいる写真がアップされていた。
    率直な感想が、「うわ、うらやまし」だった。
    というのも、その間自分がしていた事は家のパソコンで一人画像を見ながらオナ○ーだったから。
    このギャップ。現実のギャップに落ち込む。リア充への憧憬は隠せない。
      
    これは確かなことだ。嘘はない。でも、なんか違うんだよな。本当のことを言うと、違う。なかなか理解されないけど、この憧れというのは、「自分もその場に居合わせたい!」という願望ではない。「自分も女の子と一緒にはしゃぎたい!」というのとは、実際は違う。そこに落ち込んでいるのではない。リア充と僕の隔絶は、そこではない。
      
    僕は、リア充にはなれない。それは、「土曜のこの時間に女の子と一緒にはしゃいでいないから」ではないのだ。そして、僕がリア充に憧れているのは、今の自分のこの状況に悔やんでいるからではない。では、なんなのか。
      
    今まで何度も経験したこの感じ。大学の人達と飲みに行ったとき、朝までカラオケをした。6人か7人ぐらいで、ノリがいい男2人と僕と、女の子4人だったかな、忘れた。飲みに行って、その後カラオケ、よくある事だ。その後にも何度かあった。
      
    ぜんぜんたのしくないんだよな。
      
    女の子が不細工だとかそういうことではない。曲が合わないとか会話に入れないとか、そういうのも関係ない。そんなに言うほど仲いい人たちじゃないとか、そういうのも違う。男ばかりだったらとか、女ばかりだったらとか、そいうのも関係ない。ただ、こうやって集まって盛り上がるとかが鬱陶しい。自分は一人で居るほうが気が楽だ。本当に、経験するたびに思う。そういう自分に気づく。でも、誘われたら行く。なぜなら、リア充に憧憬があるから。でも、そのたびにまた現実にぶち当たる。馴染めない。
      
    自分がリア充になれないのは、そういう環境に身を置けないからではなく、その状況を良いと思えないことにある。
    僕が憧れているのは、僕が羨ましいのは、「その状況を楽しいと思えることそのもの」だった。"
    "相当のひまの時間がないと、人生のもっとも素晴らしいものと縁がなくなることが多い。多くの人々が、この素晴らしいものを奪われている理由は、ひまがないという以外に何もない。"
    togifs:

[video]

    togifs:

    [video]

    (via yksk)